1. ホーム
  2. レビュー
  3. ココマイスターの財布を評価
  4. ≫【評価:82点】パティーナラウンドファスナー

【評価:82点】パティーナラウンドファスナー

ココマイスターウォレットでは主に内装素材として用いられることの多い「ヌメ革」を、内外装両面に用いたパティーナシリーズ。鞣してそのまま特別な加工を施さないヌメ革は、ある意味最もプレーンで、革らしい革と言えるでしょう。また、内装の隠れた部分には一部布張りを使用することで、デザイン・機能は他の高級ウォレットと同等水準を保ちながら、価格的には更に抑えられ、入門用や、普段使いのウォレットとして求めやすい一本となっています。

【タイプ】ラウンドファスナータイプ

【外装】パティーナ

【内装】パティーナ、シャンタン

【価格】27,000円(税込)

【装備】カードポケット8、フリーポケット2、札入れ2、ファスナー付き小銭入れ

【サイズ】195x100x20mm/198g

公式ページを見てみる

評価内容

【スコア】総合:82点★★★★☆

(下の各項目を「A:(90-100)、B:(80-90)、C(70-80)、D(60-70)、E(60未満)」として採点。全項目の平均を総合としてスコアリング。但し、管理人のお気に入り度は2倍にカウント。)

①機能性:85点

革にプレーンなヌメ革を全面採用しているというだけで、ポケットや内部構造、ファスナーなどの仕様は他のココマイスターの上位ラインアップとほぼ同等です。ただ、後述の小銭入れだけは、せっかくの気楽に使えるこのウォレットの良さを若干スポイルしてしまっているように感じます。

②質感:80点

ブライドルレザー、コードバン、マットーネなど、ココマイスターで展開される他のこだわりの高級皮革に比べると、質感的には劣るのは仕方ありません。
とは言っても、数万円クラスの合成皮革を用いたような海外ブランドの革財布に比べると、革の質感も、縫製も、はるかにこちらの方が上でしょう。

③コンパクト性:85点

厚みは20mmとかなりコンパクトな部類です。ただし、重さはそれほど軽いわけではなく、ごく一般的なサイズ感と言えるでしょう。

④収納力:85点

スムーズに開閉できるラウンドファスナーを閉めれば、かなりの内容物もすっきりとまとめて収納、携帯することができます。ある意味、気取らずに、好きなだけ詰め込める、普段遣いに適したウォレットと言えるかもしれません。

⑤小銭入れの使いやすさ:70点

このウォレットの機能面で、唯一欠点と言えるのが、この小銭入れのように思います。マチがつかないタイプのために、小銭入れ部分を大きく左右に開きにく、多くの小銭を入れた状態で選別するのは少々難があります。価格的にも、小銭を詰め込んで普段使いがしやすいウォレットだけに、少々惜しまれる部分です。

⑥お札入れの使いやすさ:85点

お札は、真ん中の小銭入れ部分を挟んで、左右に一箇所ずつ、計2箇所に収納可能です。
左右それぞれに大きめのマチがついています。使い勝手としてはごく一般的なもの。サイズの大きい1万円札は、マチの外側部分に収納します。

⑦カード入れの使いやすさ:85点

カードポケットは左右に4枚分ずつ計8枚分。いずれも横向きに収まります。

普段遣いのウォレットとしてはもう少し多めに持ち歩きたいところですが、カードポケットの外側には大型ポケットが2つあり、更にお札入れ部分も併用すれば、実用的にはほぼ問題ないでしょう。

⑧管理人のお気に入り度:80点

非常にプレーンな仕様で、価格を考えると十分に満足のいく一本だと思います。ただ、すでに他の革財布を所有している場合には、敢えてこのウォレットを新たに買い直す動機はちょっと薄いかもしれません。

【ギフトとしておすすめ度】A

質感としては、革の製造工程に手間暇をかけている他の財布と比べると一歩譲る部分は確かにありますが、その違いはある意味個人の嗜好によるところも大きいことを考えると、やはりココマイスターのラウンドファスナーとして最安の価格設定(2018年6月現在)は魅力です。

【総評】

ヌメ革は革の風合いはもちろんのこと、経年変化も楽しむことのできる、まさに「革」そのもの。メンテナンスをしながら長く使ううちに、オーナー独自の個性を反映して、愛着もより湧いてくることでしょう。求めやすい価格で、本格的な革財布の入門用としても最適です。

公式ページを見てみる