1. ホーム
  2. レビュー
  3. ココマイスターの財布を評価
  4. ≫【評価:89点】ロンドンブライドルグラディアトゥール

【評価:89点】ロンドンブライドルグラディアトゥール


ココマイスターの革財布の中でも、人気上位を誇る2つの個性的な革を表裏に贅沢に組み合わせたウォレットです。まず外装は、白く浮き出る「ブルーム」が美しい、英国伝統の馬具革「ブライドルレザー」。革に含ませたロウが吹き出す「ブルーム」は、使用する内に自然の保護膜となり、財布に艶が生まれてきます。内装のマットーネは、イタリアの老舗タンナーが生み出す革で、適度なシボ模様と卵白によって磨かれた光沢の美しさが際立ちます。

【タイプ】ラウンドファスナータイプ

【外装】ブライドルレザー

【内装】マットーネ、ヌメ革

【価格】43,000円(税込)

【装備】カードポケット8、フリーポケット2、札入れ2、ファスナー付き小銭入れ

【サイズ】190x100x22mm/210g

公式ページを見てみる

評価内容

【スコア】総合:89点★★★★☆

(下の各項目を「A:(90-100)、B:(80-90)、C(70-80)、D(60-70)、E(60未満)」として採点。全項目の平均を総合としてスコアリング。但し、管理人のお気に入り度は2倍にカウント。)

①機能性:85点

ファスナーを閉じることによって、中身をきっちりと保護することのできるラウンドファスナータイプ。ファスナーを開けると真ん中の小銭入れを挟んで、左右それぞれにカードポケット4枚分、お札入れ、大型ポケットがある、ココマイスターで多く採用されている機能的なレイアウトです。

②質感:95点

2つの異なる革の「質感」を楽しめるのがこのウォレット最大の特徴です。
まず外装は、ココマイスターウォレットで使用される皮革の中でも、一番人気と言える「ブライドルレザー」。英国で長く馬具として使用された系譜を持つブライドルレザーは、染み込んだロウが革を丈夫且つしなやかにし、表面には白くブルーム(ロウ)が浮き上がります。

内装に用いられる「マットーネ」も人気皮革の一つ。こちらは卵白による仕上げ工程によって、革が上品な輝きを放つのが特徴です。

③コンパクト性:90点

手に持つと重厚さを感じる「ロンドンブライドルグランディアトゥール」ですが、ファスナーを閉じると厚み22mmと意外とコンパクトです。革もしっかりしているので、中身をそれなりに入れていても、ファスナーさえ閉じれば、しっかりと纏まってくれます。

④収納力:85点

外側のファスナーを開けると、中央部のファスナー付き小銭入れを挟んで、両側にカードポケットとお札入れが配置される構造は、他の多くのココマイスター・ラウンドファスナーと共通で、特に過不足はありません。

⑤小銭入れの使いやすさ:95点

小銭入れは、財布の中央部分にあって、片側がかなり大きなマチ(広げた時で実測4cm)がついているため、使い勝手は良好です。多くの収納ができると同時に、小銭の選別も楽だと思います。

⑥お札入れの使いやすさ:85点

お札入れは、小銭入れの外側・左右に1つずつあります。

小銭入れよりも更に大きめの、4.5cmのマチによって、かなり開くことができます。

財布を閉じたときに、マチの出っ張りもかなりあるため、1万円札は、マチの外側部分に収納する感じとなります。

⑦カード入れの使いやすさ:85点

カードポケットは8枚分。全て横向きで、抜き差しもきつすぎず、スムーズな部類だと思います。

カードポケットの奥側には、左右にそれぞれ大型のポケットがあります。カードを多く持ち歩く人にとって、ポケット8つは少ない可能性がありますので、入り切らなかったカードなどはこちらに入れることになるでしょう。

⑧管理人のお気に入り度:90点

個体差もあるかと思いますが、手元の一本は表面にブルームがかなり浮いていて、ブライドルレザー好きの管理人としてはそそられるものがあります。使用するうちに、白いブルームは次第に艶へと変わっていきますが、そういった経年変化も楽しめそうな財布です。

【ギフトとしておすすめ度】A

ギフトとしても非常に良い選択肢の一つとなるでしょう。ただ、管理人もそうでしたが、初めてブライドルレザーを見る人にとっては、白い粉の正体がよくわからずにとまどうことも。プレゼントする際は、その辺り、少し説明ができるとよいかもしれません。

【総評】

デザイン(マルチ用途)、使用皮革(高級感)、価格(求めやすさ)と三拍子揃ったウォレットです。「一粒で二度おいしい」とも言えそうなこのウォレットは、革財布の初心者から上級者まで、使用シーンを問わず、誰にれもお薦めしやすい一品だと思います。

公式ページを見てみる