1. ホーム
  2. レビュー
  3. ココマイスターの財布を評価
  4. ≫【評価:87点】マルティーニクラブウォレット

【評価:87点】マルティーニクラブウォレット

落ち着いた表情を持つイタリア伝統皮革「マルティーニ」は、汚れや傷などが目立ちにくい適度なシボ模様を持ち、取り扱いに左程神経質にならずに本来の財布としてストレスなく携帯できるという、「当たり前のこと」をさりげなく実現している大人の財布です。
「マルティーニ」を生み出すのは、同じココマイスターの人気皮革「マットーネ」と同一の、イタリア老舗タンナー。マットーネに比べると、光沢が抑えられてマットな印象を受けるマルティーニですが、使い込むことで自然な艶が生まれています。

【タイプ】ラウンドファスナータイプ

【外装】マルティーニ

【内装】マルティーニ、ヌメ革

【価格】38,000円(税込)

【装備】カードポケット8、フリーポケット2、札入れ2、ファスナー付き小銭入れ

【サイズ】195x97x22mm/200g

公式ページを見てみる

評価内容

【スコア】総合:87点★★★★☆

(下の各項目を「A:(90-100)、B:(80-90)、C(70-80)、D(60-70)、E(60未満)」として採点。全項目の平均を総合としてスコアリング。但し、管理人のお気に入り度は2倍にカウント。)

①機能性:85点

ファスナーの持ち手にも革が使われていますが、大きすぎず、小さすぎず持ちやすい程よい大きさで、開け締めも非常にスムーズです。ラウンド部分のアールも全くひっかかりがありません。これはココマイスターのラウンドファスナー全般に言えることではありますが、ファスナーは基本的に使用する度に開け締めしますので、ここの使い勝手は非常に重要です。

②質感:85点

光沢をおさえたマットな風合いと、手に持つと、くたっとした柔らかめの触感が落ち着いた雰囲気を醸し出します。

表面には革らしいシボ模様があり、汚れや傷なども目立ちにくい仕様。多少ラフに扱っても問題なさそうです。

③コンパクト性:85点

特別なコンパクト感はありませんが、数値上22mmという厚みは、薄手の部類に入ると思います。ラウンドファスナータイプですので、ファスナーを閉めればすっきりと収納することが可能です。

④収納力:85点

財布の構造、ポケットの数などは、多くのココマイスター・ラウンドファスナーと共通の仕様となっていますので、特に過不足はないと思います。

⑤小銭入れの使いやすさ:95点

「マルティーニ」は革のクタクタ感・柔らかさが特徴ですが、小銭入れ部分にもこの革が使用されているため、小銭選別の際などには比較的押し広げやすく、また、片側のマチがかなり大きく開くため、使い勝手は上々です。

⑥お札入れの使いやすさ:85点

お札入れ部分は小銭入れを挟んで左右に2箇所となっています。
それぞれに大きめのマチがついていて、このマチの折り返し部分がちょっとした仕切りになりそうです。

ちなみに一万円札はサイズ的にマチを挟んで内側ですときついため、外側に入れることとなります。

⑦カード入れの使いやすさ:85点

カードポケットは計8枚分。

使い勝手としては可もなく不可もなくといったところですが、少し厚めのプラスチックカードでも比較的スムーズな出し入れが可能です。

⑧管理人のお気に入り度:90点

高級革財布だからといって、普段使いで傷や汚れをつけないように気を使うとストレスが溜まってしまいますが、このマルティーニクラブウォレットについてはそのような心配が無用なのは嬉しいところです。ただ、この「クタっと」した革が本領を発揮するのは、ラウンドファスナーよりも、蓋を完全に180度開いてしまうことのできる身開きタイプ(マルティーニアーバンウォレット)のような気がします。

【ギフトとしておすすめ度】A

「大人の休日」にぴったりとマッチしそうなマルティーニクラブウォレットは、ビジネスからカジュアルまで、使う人やシーンを選ばないため、求めやすい価格帯と合わせ、ギフトとしても選びやすいと言えるでしょう。

【総評】

デザイン的には非常にオーソドックスで、あまり目をみはる特徴が無いようでいて、実は①飽きがこず②ラフな使用に耐え③価格もリーゾナブルというのが特徴と言えそうです。ココマイスターのウォレットで使用されている革の中では、1・2を争う柔軟性を持つマルティーニクラブウォレットは、どこにでも携帯できる日常ユースのウォレットとして重宝する一本だと思います。

公式ページを見てみる