1. ホーム
  2. レビュー
  3. ココマイスターの財布を評価
  4. ≫【評価:84点】ジョージブライドルバイアリーウォレット

【評価:84点】ジョージブライドルバイアリーウォレット

内外装の両面に白いブルームが浮き上がり、風格の漂うブライドルレザーを使用した、ジョージブライドルシリーズ。馬具用の革としての系譜を持つ英国伝統の堅牢皮革ブライドルレザーを用い、全体を薄く、軽く仕上げており、ビジネスからフォーマルまで持つ人の格を一段上げてくれそうなウォレットです。

【タイプ】身開きタイプ

【外装】ブライドルレザー

【内装】ブライドルレザー、ヌメ革

【価格】43,000円(税込)

【装備】カードポケット14、フリーポケット2、札入れ1、ファスナー付き小銭入れ

【サイズ】190x92x25mm/150g

公式ページを見てみる

評価内容

【スコア】総合:84点★★★★☆

(下の各項目を「A:(90-100)、B:(80-90)、C(70-80)、D(60-70)、E(60未満)」として採点。全項目の平均を総合としてスコアリング。但し、管理人のお気に入り度は2倍にカウント。)

①機能性:85点

実際に手に取ると、見た目以上に薄くて軽く、携帯性に優れた仕様となっています。厚みはカタログ値で25mmですが、革の弾力性による膨らみ込みの数値のため、実際には20mmも無い感じです。

②質感:90点

内外装両面にブライドルレザーが用いられています。

革の表面には、革に染み込ませたロウが、白い粉のようなブルームとして浮かび上がり、独特の雰囲気を持っています。

サイドのコバも美しい仕上げが光ります。

③コンパクト性:90点

実際に手に取ると、カタログ値よりもかなりコンパクトに感じます。

丈夫なブライドルレザーを両面に用いているため、革の厚みが抑えられているにもかかわらず、十分な強度があります。

財布の膨らみを指でつまんでみると、その薄さがわかります。

④収納力:80点

ポケットの数はかなりありますが、どちらかというと膨らませて使うウォレットではないでしょう。

実際に、お札・小銭・カードをフルに入れてしまうと、せっかくのコンパクト性がスポイルされてしまうように思います。ただし使い勝手や、フォルム、ウォレットの性格を度外視すれば、実は札束も収納してしまうほどの収納力をもっています。

⑤小銭入れの使いやすさ:75点

小銭入れ自身にはマチなどはなく、小銭入れが格納されている全体部分も大きくは開かないため、多くの小銭を詰め込んで、そこから必要な小銭を取り出すといった作業にはあまり向いていないと思います。

⑥お札入れの使いやすさ:75点

折り畳まれたマチの部分のでっぱりが大きいので、ある程度の枚数の1万円札を入れると、端がマチに当たって折れてしまったりしやすくなります。

蓋の部分が大きめのアールを持っているので、蓋の閉まりが浅くなるのを我慢すれば、札束なども入らなくはありません。ただしその場合、通しマチではないため、かなり窮屈な感じになるのは仕方がないところでしょう。

⑦カード入れの使いやすさ:90点

カードポケットは、14枚と十分な数が確保されている上に、全て横向きですので、使い勝手は上々と言えると思います。

全ポケットにカードを収納すると、多少出し入れがキツくなりますが、許容範囲でしょう。このウォレットの使用シーンとしては、あまり現金を持ち歩くよりも、カード中心の使い方がベストだと思います。

⑧管理人のお気に入り度:85点

全体的に上品なウォレットに仕上がっていて、軽く、質感も含め良い感じだと思います。これであればスーツポケットなどに入れても、スーツが型崩れすることもないでしょう。ただ、常用のウォレットとしては管理人には少々向かないように思います。

【ギフトとしておすすめ度】B

悪い点は一つもないのですが、フォーマルなテイストに仕上がっている分、使用シーンが若干限られそうなことから、ギフトとしては少々躊躇してしまいそうです。送る相手の方の希望を聞いて、下の総評にあるような利用を考えている場合には良いかもしれません。

【総評】

フォーマルな場所や冠婚葬祭用として、普段用途とは別に持てるもう一本持てる余裕がある方や、現金はほとんど持ち歩かないのでカードをスマートに収納できるウォレットを探しているという方には、お薦めしたいと思います。そのようなシチュエーションでは軽さ・薄さともに、満足のいく一本となることでしょう。

公式ページを見てみる