1. ホーム
  2. レビュー
  3. ココマイスターの財布を評価
  4. ≫【評価:91点】マットーネ・マックスラージ

【評価:91点】マットーネ・マックスラージ

革らしいシボ模様と卵白で磨かれた艶で人気の皮革「マットーネ」シリーズの2017年新作です。「マックスラージ」の名前通り、通常バージョンの「マットーネ・ラージウォレット」を一回り大きくしたサイズなのですが、サイズだけでなく機能性も大きくアップ。

従来のラージウォレットの唯一の欠点とも言えた小銭入れ部分をマチ付きに改善し、更に使いでのありそうなポケットを一つ追加。従来も万人向けウォレットとしてお薦めしていましたが、本バージョンは更にその上を行く、理想的な財布に仕上がっています。

【タイプ】ラウンドファスナータイプ

【外装】マットーネ

【内装】ヌメ革

【価格】34,500円(税込)

公式ページを見てみる

評価内容

【スコア】総合:91点 ★★★★★

(下の各項目を「A:(90-100)、B:(80-90)、C(70-80)、D(60-70)、E(60未満)」として採点。全項目の平均を総合としてスコアリング。但し、管理人のお気に入り度は2倍にカウント。)

①機能性:95点

ファスナーには革製の大きめの持ち手が付き、中身を詰め込んでいても引っ掛かることなくスムーズな開閉ができます。更に最大の特徴とも言えるのが、小銭入れ部分の横に設けられたマルチポケット。ココマイスターのラウンドファスナータイプとしては初めてみる構造ですが、iphone7やパスポートなども収納できてしまうというスグレモノです。

②質感:90点

従来通りの美しい外装+内装は、華美過ぎず、かといってカジュアル過ぎず、ビジネスからプライベートまでどこにでもマッチする、ほど良いバランスです。卵白によって磨かれた外装は、表面にシボ模様があることで傷なども目立ちにくく、また、年月とともに更に磨かれて美しいエイジングを見せてくれそうです。

 

③コンパクト性:75点

絶対的なサイズで言うと勿論小さくはなく、カタログ値では厚み28mmとなっていますが、実際に計測してみると、中身が空の状態でも30mm強はあります。当然スーツポケットなどには厳しいのですが、革がしっかりしているのでまとまり感があり、見た目は意外とコンパクトな仕上がりです。(写真は左がマットーネラージウォレット、右がマックスラージ)

④収納力:95点

「マックスラージ」の名前に恥じないだけの「実用的」な収納力があるか、少々テストしてみました。下の写真は「お札30枚+小銭25枚+カード12枚(カードポケットに8枚+マルチポケットに4枚)、レシートに見立てたA4用紙を折りたたんだもの2枚、そして更にパスポートを詰め込んだ状態です。

こうなるとまるでポーチみたいで、ちょっと欲張り過ぎかもしれませんが、きちんと収まりました。流石にパンパンにはなったものの、ファスナーも片手でスムーズに閉めることができたのは素晴らしいと思います。

ちなみに、下の写真は、同じ内容を入れてファスナーを「閉じない」状態で撮影したものです。つまりもしファスナー無しの財布に同じだけ詰め込むと、こんなに口が開いてしまうわけで、詰め込み派の人にはファスナーが必須だなと改めて思いました。

尚、カードポケットの外側には、大型ポケットが隠れています(左右に1つずつ)。ここは出し入れはしにくいのですが、1万円の新札もきちんと収まりますし、中身が飛び出しにくいので、保険証などの重要なものを入れておくのにも良いと思います。

⑤小銭入れの使いやすさ:95点

小銭入れの使い勝手も、マチがついて大きく広がり、文句ありません。奥の方に入った硬貨も、財布を傾けてマチのある方に寄せれば、難なく選別することが可能です。普段の買い物に小銭を多く使う方ですと、このマチの存在はかなり大きいと言えるでしょう。

⑥お札入れの使いやすさ:90点

左右2箇所のお札入れ部分についている大きなマチは、よく見ると、外側が大きめのマチ、内側が小さめのマチになっています。この内側のマチの横幅は1000円札なら収まりますが、1万円は入りません。したがって、万券は外側が定位置となります。使い勝手としては普通といったところでしょうか。

 

⑦カード入れの使いやすさ:85点

カードポケットは8枚。マットーネラージウォレットと同数ですが、こちらにはマルチポケットが1つ余分についていますので、普段よく出し入れするカードはそちらに放り込んでおけば、ポケットからの抜き差しの手間が省けてよさそうです。

⑧管理人のお気に入り度:95点

現在管理人は、ココマイスターの「シェルコードバンスタンフォード」という財布を愛用しているのですが、マックスラージの収納力や小銭入れの使いやすさは秀逸で、レビューを書いていると、こちらに乗り換えようかとさえ思えてきます。

【ギフトとしておすすめ度】A

3万円台半ばの価格帯ですと、ココマイスターのやはり売れ筋ウォレット「ブライドル・グランドウォレット」と選択に悩みそうです。グランドウォレットと比べると、こちらの方が少しだけ高くなっていますが、今後はマックスラージ人気が高まりそうな予感がします。

【総評】

ココマイスターのラウンドファスナータイプは、これまでシリーズによって使用する皮革が変わっても、中身の構造は同じものが多かったのですが、そこに新風を吹き込んだような気がします。しかもそれが、これまでの欠点を補う形で実現しているのは、ユーザーとしては嬉しい限りです。カード払いが中心のスマートなビジネスウォレットとは対照的な、マルチパーパスウォレットとしてかなりの完成度だと思います。


公式ページを見てみる

価格比較

◆ココマイスター・ラウンドファスナータイプ長財布全リスト(2018年1月現在)

シェルコードバンアーチデューク 120000円
オークバークブリストル 73000円
マイスターコードバンスカイスクレーパー 70000円
クリスペルカーフカシウスウォレット 63000円
コードバンラウンド長財布 54000円
ジョージブライドルロイヤルウォレット 50000円  92点
ロンドンブライドルグラディアトゥール 43000円
マットーネオーバーザウォレット 40000円   84点
マルティーニクラブウォレット 38000円
プルキャラッククラウディオ 36000円   83点
マットーネマックスラージ 34500円   91点
ブライドルグランドウォレット 32800円   88点
ナポレオンカーフヘラクレスウォレット 32000円
ナポレオンカーフアレクサンダーウォレット 31000円   80点
マットーネラージウォレット 29500円   86点
パティーナラウンドファスナー 26000円

No.1メンズ革財布ブランド

side_cocomeister

ココマイスター2009年に誕生したばかりの若いブランドですが、日本を代表する革ブランドの一つに成長しました。革製品全般を扱いますが、得意分野は革の長財布。2万円代から10万円以上まで幅広い品揃えで人気です。

ココマイスター公式サイトへ

注目の革ブランド

ココマイスターは2009年に誕生したばかりの若いブランドですが、日本を代表する革ブランドの一つに成長しました。革製品全般を扱いますが、得意分野は革の長財布。2万円代から10万円以上まで幅広い品揃えで人気です。

JOGGO公式サイトへ