1. ホーム
  2. 分類別のおすすめ長財布
  3. ≫革財布はどんなレザーが良いか?おすすめをご紹介します

革財布はどんなレザーが良いか?おすすめをご紹介します

「どの革の財布が良いかなぁ。。」と迷うことがあると思います。それぞれの特徴が分からなくて、比較をしたこともないと思うので無理もありません。

この記事では、私が所有している財布を例に挙げて、オススメ順にご紹介します。

ココマイスターの9つのシリーズ

ブライドルレザー

ブライドルレザーは人気の定番革で、最近では他のブランドでもよく目にする皮革素材になりました。程よい光沢もさることながら、なんといってもこの白いブルームと呼ばれる粉のような表情が、多くの男性を魅了しています。

bridleleather_002

革小物を持つなら、経年変化の美しい財布をと思う人も多いですが、このブライドルレザーはまさに、美しいエイジングを見せる素材です。

georgebridle_series_013

馬具にも使われる堅牢な素材なので、長く愛用したい方にもぴったり。これから革小物を手にする人には1つは持っておいていただきたい素材です。

ブライドルレザーの詳細を見てみる

コードバン

品のいい艶感が、高い人気を誇るコードバン。価格は少々張りますが、その理由は希少性が高いということが関係しています。品薄状態にもなりやすいのも特徴です。

cordovan_014

コードバンレザーは、ごく少数しか飼育されない農耕馬のお尻の部分の革を使用しているため、キメの細かい表情と光沢が楽しめます。品格のある艶は、コードバンならではですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とても繊細な表情の皮革ですが、素材としては堅牢で長く愛用できる素材でもあります。中には、艶感が抑えられたコードバンもありますので、同じコードバンでも比較しながら選ぶといいでしょう。

コードバンの詳細を見てみる

マットーネ

マットーネは、ブライドルやコードバンに比べるとベーシックで自然な革の印象が特徴のレザーです。希少価値もそれほど高い皮革ではないので、比較的安定した価格と量が市場に供給されています。

mattoneleather_005

メリットがあるとすれば、持つ人を選ばず、老若男女に広く受け入れられている点でしょうか。プレゼントに選ぶなら、まずはマットーネレザーを選択してみるといいかもしれません。

艶が増し、色にも深みが出てくるエイジングもマットーネの魅力です。

mattoneleather_013

レザーを織り込んだデザインの財布などもあるので、個性的な財布を探している方は、そちらも参照してみてはいかがでしょうか。

マットーネの詳細を見てみる

ジョージブライドル

ジョージブライドルシリーズは、ブライドルレザーを財布の内側にも使用したデザインが特徴です。jb08

通常のブライドルシリーズは内側にクリームベージュのヌメ革を使用していますが、ジョージブライドルは内装にもブライドル革を使用。外側でも内側でも、ブライドルレザーの経年変化を楽しめるわけです。

georgebridle_series_009

一部、カードポケットの内側などの目立たない部分には同系色のヌメ革を使用していますが、ブライドルレザーが全面に使われることで締まり感があり、贅沢で高級な雰囲気を満喫できます。

ジョージブライドルの詳細を見てみる

クリスペルカーフ

クリスペルカーフシリーズは、欧州最高級ボックスカーフを使用したシリーズです。ドイツの名門タンナーであるペリンガー社が製造するクリスペルカーフは、キメの細やかな水シボの表情と光沢が魅力の皮革。

crispellcarf_013

ココマイスターの中でも高級革として位置づけられ、クリスペルカーフの艶感に引き込まれるファンも少なくありません。

crispellcarf_002

上品さのある表情が、大人の男性に人気のシリーズです。

クリスペルカーフの詳細を見てみる

オークバーク

2016年から登場したオークバークシリーズは、本牛革にオークのタンニンを使用して鞣したオークバーク革を使用した、ココマイスターでも異彩を放つシリーズです。

oakbark_001

オークだけを利用して鞣す製法は、英国でも特別視されており、365日と1日をかけて革を鞣す「鉄の掟」に基づいてなめされています。

oakbark_002

時間と手間がかかることから生産量は少なく希少性の高い皮革ですが、なんと、革小物に仕立てたのはココマイスターが初めてというから驚き。ここでしか手に入らない渋い風合いのオークバークは語らずとも魅力を感じていただけると思います。

オークバークの詳細を見てみる

ナポレオンカーフ

ナポレオンカーフは、1800年という長い歴史を持つイタリア産のレザーです。欧州で使われてきた皮革ですが、日本では希少なレザーと言ってもいいほど珍しい素材です。ココマイスター以外のメーカーでは、目にすることはほとんどありません。

napoleoncalf_016

毎日使うのが楽しみになるほど、革の肌触りはしっとりとして心地良く、持てばナポレオンカーフの良さが一発でわかっていただけると思います。

napoleoncalf_011

ビンテージな風合いのレザーは、経年変化とともに重厚感が増していき、より、大人の男性にふさわしい財布としてエイジングを重ねていきます。

デザインも特徴的なので、ぜひ、お気に入りの逸品を探してみてください。

ナポレオンカーフの詳細を見てみる

マルティーニ

ミネルバボックスという皮革を使用した財布のシリーズ。マットーネと同じ革が原材料ですが、比較的光沢が抑えられたマットな印象と独特のシボ感が特徴のレザーです。

martini_002

マルティーニレザーは、使い込む毎に革全体が柔らかくなり、クタッと手に馴染むような変化を見せます。色も落ち着いた印象の経年変化を見せるので、大人の男性におすすめといってもいいでしょう。

martini_012

光沢以外のエイジングをみせる革財布が欲しいなら、マルティーニレザーはとてもおすすめです。

マルティーニの詳細を見てみる

パティーナ

パティーナは、より自然体なレザーの風合いを楽しむことできる素材です。余分な処理は排除した、素朴な皮革ということができるでしょう。

patinat_001

パティーナのメリットは、なんといっても価格帯の安さです。ココマイスターの長財布のラインナップの中でも、21,000円とリーズナブルな商品が用意されています。

patinat_009

ご自身の予算に合わせて長財布を選びたいという方は、ぜひ、パティーナもチェックしてみてください。

パティーナの詳細を見てみる

おわりに

以上、各革の特徴やオススメの長財布をご紹介しました。

各革の詳細ページでは、当ページには掲載しきれなかった財布も多数含まれていて、小銭入れなどもあります。より深く知りたい方は是非ご覧下さい。