1. ホーム
  2. 長財布
  3. 革・レザー別
  4. ≫マルティーニを徹底解説&おすすめの財布4点

マルティーニを徹底解説&おすすめの財布4点

このページではマルティーニの長財布2点と二つ折り財布1点、小銭入れ1点をご紹介します。大人向けの落ち着いたレザーです。

長財布

マルティーニ・クラブウォレット

ラウンドファスナーでしっかりと中身をガードしてくれる、実用的な一本です。中身は、ファスナー付き小銭入れをはさんで、両サイドに札入れ、カード入れが振り分けられます。札入れ部分だけでなく、小銭入れにもマチがついているため、非常に使いやすくなっています。

  • 価格:38,000円
  • カラー:3色
  • 外装:ミネルバボックス、内装:ミネルバボックス、ヌメ革

公式ページを見てみる

マルティーニ・アーバンウォレット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

内外装ともにミネルバボックスを使用し、重厚感があります。厚みは2.2cmですが、しなやかな革のおかげで、蓋が浮くことが無く、数字以上に薄く感じます。せっかくの内装を堪能するならこちらのタイプはオススメです。見た目だけでなく、開閉時にはオイルドレザーの、柔らかく、重みのある質感を十分に感じることができます。

  • 価格:42,000円
  • カラー:3色
  • 外装:ミネルバボックス、内装:ミネルバボックス、ヌメ革

公式ページを見てみる

二つ折り財布

マルティーニ・アーバンパース

martini_010

二つ折り財布の場合、革が固いと必要以上にボリューム感が出てしまいますが、こちらのアーバンパースは革が柔らかく、かさばらずに持ち歩けそうです。片手に収まるスマートなサイズと、手にしっくりと馴染む質感で、理想的な二つ折り財布と言えるでしょう。

  • 価格:32,000円
  • カラー:5色
  • 外装:ミネルバボックス、内装:ミネルバボックス、ヌメ革

公式ページを見てみる

小銭入れ

マルティーニ・クラブコインパース

martini_011

ファスナーを開けると3つに仕切られたコイン&お札(折りたたんで入れます)収納スペース。更にカードが入れられるフリーポケットが2つ装備されています。大人の休日に最適なコインパースです。

  • 価格:20,000円
  • カラー:5色
  • 外装:ミネルバボックス、内装:ミネルバボックス、ヌメ革

公式ページを見てみる

マルティーニとは?

イタリアの老舗タンナーの伝統製法

マルティーニシリーズは、イタリアの老舗タンナー、バグラッシ・カルロ社の伝統的な「バケッタ製法」によって生み出される皮革です。植物タンニン100%で鞣(なめ)された牛皮に、オイルをゆっくりと時間をかけて染み込ませていくこの製法で生まれた革は、表面に細かいちりめん状のシボ模様を持ち、如何にも革らしい風格をもっています。

martini_002
(表面に刻まれたシボ模様)

martini_003

冒頭でも触れましたが、このバグラッシ・カルロ社というタンナーは、ココマイスターの人気シリーズ「マットーネ」の革も同じ製法で作っていて、その外観もマルティーニシリーズとマットーネシリーズでは非常に似ています。

しかし目の前でこの2つを比べてみると違いは一目瞭然で、艶ありのマットーネに対して、マルティーニは艶消し仕様になっています。シボの感じも異なりますし、質感もかなり違います(マルティーニの方が少しくたっと&しっとりした印象です)。

どちらが良いかは好みで別れるところだと思いますが、マルティーニシリーズは、艶を抑えることによって内装にも同じ革を採用し、結果として財布全体の厚みを薄くすることにも成功しています。

martini_004

一方、マットーネシリーズの方は、カゼイン加工という、卵白を塗りこむ工程を経ることで、表面の艶を生んでいます。非常に美しい仕上げですが、財布にしたときに内側まで艶有りにすると落ち着かない印象になってしまうのに比して、マルティーニのようにマットな感じであれば、しっくりくるというのがココマイスターの判断でしょう。

そしてその狙い通り、同じルーツを持つ革を用いながら、商品としての差別化がきっちりと出来ているように感じます。

重厚かつしなやかなオイルドレザー

またこのオイルをたっぷりと含んだ革は、それなりに革の重さを感じます(実際に同タイプのマットーネシリーズと比べて10%以上重くなっています)。ラウンドファスナータイプだとあまりわからないのですが、ファスナーなしの「マルティーニ・アーバンウォレット」の場合、開いた財布を閉じた時に「バフッ」と良い感触&音を味わえるのです。

折り曲がり部分が柔軟であることも手伝っていますが、安物の財布とは明らかに違う感触です。少々大袈裟かもしれませんが、国産の量産車のドアを閉めた時の残念な音と、高級外車のドアを閉めた時の音の違いという感じですね。

martini_005

エイジングの魅力

ちなみに艶がおさてあると言っても、ずっとそのままではありません。特に外装に関しては、使い込むほどに手の油脂や、メンテナンス時のクリームなどによって艶が生まれ、革自体のエイジング効果と合わせてどんどんと変化していきます。特に植物タンニンで鞣された革はエイジングが深く、早いことがその特徴ですので、その変化が非常に楽しみな一品とも言えるでしょう。

(写真は約3ヶ月での変化の様子です。マルティーニ・クラブウォレット。)

martini_006

マルティーニシリーズのメンテナンスについて

このマルティーニシリーズに使用される、ミネルバボックスと呼ばれる革のメンテナンスについては、一般的な他の革財布と特別に大きな違いはないでしょう。ただ、革自体にオイルが多く含まれていますので、クリームなどの塗布も半年に一度、もしカサついたら程度で良いと思います。普通に使用しているだけで、手の油分なども加わるため、使ってあげる事そのものが十分なメンテナンスとなります。むしろ、あまり油分を加え過ぎると、思った以上にクタクタになってしまいそうなほどです。

martini_007

また、シボも傷を目立たなくする効果がある一方で、さほど深くはないので、汚れがたまりやすいほどではありません。ブラシなどを使わなくても、時々乾いたクロスで拭いてあげる程度で十分でしょう。

ただし、例によってこの手のなめし皮は水分を嫌うので、雨の日などは防水スプレーの使用をオススメします。

マルティーニで特におすすめの財布

マルティーニ・クラブウォレット

ラウンドファスナーでしっかりと中身をガードしてくれる、実用的な一本です。中身は、ファスナー付き小銭入れをはさんで、両サイドに札入れ、カード入れが振り分けられます。札入れ部分だけでなく、小銭入れにもマチがついているため、非常に使いやすくなっています。

  • 価格:38,000円
  • カラー:3色
  • 外装:ミネルバボックス、内装:ミネルバボックス、ヌメ革

公式ページを見てみる

シェアをお願いします。